スポンサーサイト

  • 2015.11.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務と調剤薬局事務の違いは、職場と習得している知識とノウハウと資格名称です。

医療事務と調剤薬局事務は民間資格です。

医師や看護師や薬剤師のような国家資格や公的資格ではありません。

民間資格の特徴は資格を認定する団体の数だけ名称があることです。

そのため、民間資格を取得するときに大切なのは業界に認知されている名称の資格を選択することです。

「がくぶん」の医療事務の通信講座の修了者は、医療関連事業大手のソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。

医療事務スタッフとして病院・診療所や医療事務の知識とノウハウを活かせる会社で働くなら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

次に、医療事務と調剤薬局事務の違いについて紹介します。

1)医療事務とは

医療事務と調剤薬局事務の違いは働く場所の違いになります。

医療事務の知識とノウハウを持っている人の職場には、病院・診療所・歯科診療所などの医療機関と健康保険組合・保険請求審査代行機関・健診センター・損害保険会社や医事コンピュータシステム会社などがあります。

「がくぶん」の医療事務講座で学ぶことは、

・病院の概要と医療保障制度のしくみ
・ 請求事務の基本とレセプト(診療報酬明細書)の基礎知識
・外来の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成・入院の点数算定

・ 老人保健
・ 公費負担医療
・医事コンピュータなどです。

2)調剤薬局事務とは

医療事務と調剤薬局事務の違いは仕事の内容になります。

医療事務は、病院や診療所で一般事務の他に外来と入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成点検などを行います。

調剤薬局事務は、保険薬局や調剤をしている病院や診療所で保険調剤点数算定とレセプト(調剤報酬明細書)の作成・点検や一般事務を行います。

3)通信教育の標準受講期間

「がくぶん」の通信教育の医療事務と調剤薬局事務の違いでは、標準受講期間が違います。

「がくぶん」の医療事務の
・医科コースの標準受講期間は6ヶ月
・歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

「がくぶん」の調剤薬局事務の標準受講期間は3ヶ月です。

「がくぶん」の通信教育講座のサイトで、調剤薬局事務と医療事務の通信講座の違いを確認できます。

医療事務の主な職場は病院や診療所です。

調剤薬局事務の主な職場は保険薬局や調剤をしている病院や診療所です。

「がくぶん」の医療事務講座の標準受講期間は、医科コース6ヶ月・歯科コース4ヶ月です。

調剤薬局事務の標準受講期間は3ヶ月です。






医療事務の通信講座

医療事務の通信講座では「がくぶん」と「日本医療事務教育協会」をおススメします。

医療事務講座の内容は、「がくぶん」と「日本医療事務教育協会」は同じです。

「がくぶん」は伝統と実績のある通信教育機関です。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

通信教育講座のメリットはライフスタイルや勤務スタイルに影響を与えないで講座を継続できることです。

家事や育児に忙しい女性や出産の予定がある妊娠中の女性では、通学制の講座に通うのは困難です。

通信教育講座であれば自宅で学べます。

家事や育児や出産準備のスキマ時間を活用して医療事務スタッフとして必要な知識やノウハウを学べます。

会社勤務をしている女性の中には通学制の講座に通っている人も多いようです。

残業が多い会社勤務の女性では講座を続けられないケースもあります。

通学や決められた講座時間がない「がくぶん」の医療事務講座ならば続けられます。

通勤時間や休日や就寝前や早朝の時間を活用して学習しませんか。

次に、医療事務の通信講座の紹介をします。

1)「がくぶん」の通信講座

「がくぶん」の医療事務の通信講座の実施団体は「日本医療事務教育協会」です。

「がくぶん」の医療事務講座は、(社)日本通信教育振興協会認定の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会認定の優良講座として認められています。

(社)日本通信教育振興協会は1988年に、民間社会通信教育の健全な発展向上を図るために設立されました。

(社)全国産業人能力開発団体連合会は、1988年に産業人の能力開発を実施するために労働大臣の認可を受けて設立されました。

「がくぶん」の医療事務講座は(社)日本通信教育振興協会と(社)全国産業人能力開発団体連合会に認められた優良講座です。

2)医療事務講座の医科コース

「がくぶん」の医療事務の通信講座には3つのコースがあります。

医科コース・医科DVD付きコース・歯科コースです。

医科コースと医科DVD付きコースの標準受講期間は6ヶ月です。

医科コースの教材は、医科メインテキスト3冊・医科ワークブック・医科サポートブック・レセプト(診療報酬明細書)・医科レポート集・医科コンピュータの基礎・質問用紙などです。

3) 医療事務講座の歯科コース

「がくぶん」の医療事務の通信講座の歯科コースを紹介します。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

歯科コースの教材は、歯科コース テキスト「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)・テキスト「歯科助手の基本知識」・学習サポートブック・点数早見表・練習問題集(学科・実技)・練習問題解答・学習レポートなどです。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で学べば、コンビニエンスストアの3倍超の病院・診療所・歯科診療所での就職機会が発生します。

レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などや保険診療会計の仕事をしませんか。






医療事務合格率・合格ライン

医療事務合格率・合格ラインは「がくぶん」の医療事務講座で学べばクリアできます。

高齢者の長寿命化で高齢者が増え続けることが予測されています。

高齢者の増加に伴って病院や診療所も増加しています。

高齢者・病院・診療所の増加とともに保険診療件数が増加しています。

保険診療が増加するとレセプト(診療報酬明細書)作成・点検の仕事が増えます。

医療事務スタッフの仕事の増加に備えて「がくぶん」の医療事務の通信講座で学びませんか。

「がくぶん」の医療事務講座を修了すれば医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の医療事務講座を修了すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストは病院・診療所・保険薬局などの医療機関に実績がある医療関連事業の大手企業です。

ソラストにスタッフ登録すれば全国の病院・診療所の求人情報を受けるなどの就業サポートを受けられます。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関は全国に18万程度あります。

コンビニエンスストアの3倍以上の数があるので、医療事務の知識とノウハウがあれば就職も難しくありません。

近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働きませんか。

次に、医療事務合格率・合格ラインの概要の紹介をします。

1)合格ラインクリア

「がくぶん」の医療事務合格率・合格ラインは通信教育講座内容を理解することです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座には通学や決まった講座時間はありません。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせてマイペースで学習を進められます。

マイペース学習で通信講座内容を理解して課題をクリアできればOKです。

課題を期日までに処理することで知識とノウハウを蓄積して講座を修了できます。

2)クリアすべき講座内容

「がくぶん」の医療事務合格率・合格ラインは講座内容を理解することです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座では、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ・請求事務の基本

・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識などの基本知識と、外来の点数算定とレセプトの作成

・入院の点数算定とレセプトの作成などの応用知識と老人保健・公費負担医療などを学びます。

医療事務スタッフとして必須のノウハウである医事コンピュータも学びます。

講座内容は病院や診療所で医療事務スタッフとして働くために必要な知識とノウハウです。

3)クリアすべきコースの教材

「がくぶん」の医療事務合格率・合格ラインは医科コースと歯科コースでは異なります。

医科コースの標準受講期間は6ヶ月です。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

歯科コースのほうが標準受講期間が短いだけ講座内容が少なくなります。

医科コースでクリアすべきメイン教材は、医科メインテキスト1・医科メインテキスト2・医科メインテキスト3です。

医科ワークブック・医科サポートブック・診療報酬明細書・医科レポート集は、医科コースの医療事務の知識とノウハウ習得をサポートする教材になります。

医科コースでは医科コンピュータの基礎も学びます。

標準受講期間6ヶ月のマイペース学習で病院と診療所の医療事務に必要な知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の歯科コースは医科コースよりも標準受講期間が短いだけ楽になりそうです。

歯科コースのメイン教材は、歯科コース テキスト「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)とテキスト「歯科助手の基本知識」になります。

サポート教材として、学習サポートブック・点数早見表・練習問題集(学科・実技)があります。

標準受講期間4ヶ月のマイペース学習で歯科診療所の医療事務に必要な知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

医科コースの標準受講期間6ヶ月で合格ラインをクリアできます。

歯科コースの標準受講期間4ヶ月で合格ラインをクリアできます。





医療事務の取得期間の目安・傾向

医療事務の取得期間の目安・傾向は「がくぶん」医療事務講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座サイトで紹介してあるのは、講座概要・受講のポイント・教材構成などです。

次に、医療事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

1)医科コースと歯科コース

医療事務の取得期間の目安・傾向は「がくぶん」の医療事務講座のコースによって異なります。

「がくぶん」の医療事務コースは3つあります。

医科コース・医科DVDコース・歯科コースの3コースです。

医科コースと医科DVDコースの標準受講期間は6ヶ月です。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

医科コースで学ぶのは、病院や診療所で必要になる医療事務関係の知識とノウハウです。

歯科コースで学ぶのは、歯科診療所で必要になる医療事務関係の知識とノウハウです。

通信講座なので標準受講期間を過ぎて学ぶ人も多くいます。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて自宅でマイペース学習してください。

医科コースは歯科コースよりも長い標準受講期間になっていますが、講座を修了して働く場合は勤務先が多くなるので医科コースの方がお得ではないでしょうか。

2)6ヶ月の標準受講期間

医科コースと医科DVDコースの医療事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

医科コースの教材構成は、医科メインテキスト1・2・3、医科ワークブック、医科サポートブック、レセプト(診療報酬明細書)、医科レポート集、医科コンピュータの基礎などです。

標準受講期間の6ヶ月で以上の教材内容を理解する必要があります。

医科コースの講座概要は、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ
・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識

・外来の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成
・入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどです。


標準受講期間6ヶ月でのマイペース学習で知識とノウハウを習得できます。

3)4ヶ月の標準受講期間

歯科コースの医療事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

歯科コースの教材構成は、テキスト「歯科助手の基本知識」、学習サポートブック、点数早見表、練習問題集(学科・実技)などです。

歯科コースの講座概要は医科コースとほとんど同じです。

医療保障制度のしくみ・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識や点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成などを学びます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座には標準受講期間6ヶ月の医科コースと標準受講期間4ヶ月の歯科コースがあります。

医療保障制度のしくみ・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識や点数算定とレセプト(診療報酬明細書)作成などを学びます。






医療事務資格取得方法

医療事務資格取得方法は「がくぶん」の医療事務講座を修了する方法がおススメします。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

優れた通信教育システムがあるのでレセプト(診療報酬明細書)作成・点検などや保険診療会計のことを知らなくてもスムーズに学習が進みます。

医療事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」の医療事務講座には3つのポイントがあります。

優れた通信教育システム・標準受講期間6ヶ月で医療事務の知識とノウハウを学ぶ・講座修了者は医療機関に実績があるソラストの就業サポートを受けられるなどです。

長寿命化社会で高齢者の急増が予測されています。

高齢者の増加は診療回数の増加につながります。

全国にコンビニエンスストアの3倍超の病院・診療所・歯科診療所などの医療機関があります。

ほとんどの病院や診療所では保険診療を行っています。

保険診療には、レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などや保険診療会計の仕事が発生します。

レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などや保険診療会計の知識と、ノウハウがある医療事務スタッフは全国の病院や診療所で求められています。

「がくぶん」の通信教育で医療事務の知識とノウハウを習得しませんか。

次に、医療事務資格取得方法を紹介します。

1)「がくぶん」で学ぶ

医療事務資格取得方法には3つの方法があります。

通学制の講座で学ぶ・独学で医療事務を学ぶ・通信教育講座を利用するなどです。

通学制の講座は短期間で学べるメリットがありますが、通学時間と講座時間に合わせたライフスタイルや勤務スタイルに変更する必要があります。

家事や育児や会社勤務で忙しく働いている女性には通学講座に通うのは困難です。

無理をして通学制の講座を利用しても継続できなければ講座費用が無駄になります。

独学で学ぶ方法は医療事務の経験がある人だけにおススメします。

医療事務の経験がない人や医療事務について体系的に理解していない人には独学は困難ではないでしょうか。

医療事務を学ぶ最も適切な方法は「がくぶん」の通信教育講座を利用することです。

「がくぶん」の医療事務講座は優れた通信教育システムでまとめられています。

2)通信教育で学ぶ

医療事務資格取得方法では「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

通信教育講座のメリットは通学時間や決められた講座時間がないことです。

講座時間は自分で決めるのでマイペース学習ができます。

家事や育児のスキマ時間を活用して学べます。

会社勤務をしている人は、休日や通勤を学習時間にすることができます。

家事・育児・会社勤務で忙しく活躍している女性には「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

3)医療事務に必要な知識とノウハウ

医療事務資格取得方法は、「がくぶん」の通信教育講座で医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを学ぶことです。

病院や診療所での医療事務スタッフの仕事は、診療受付・患者接遇・電話対応・カルテ整理・保険診療会計・レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などです。

「がくぶん」の通信教育講座で学ぶのは、

・「病院の概要」・「医療保障制度のしくみ」・「請求事務の基本」・「レセプトの基礎知識」

・「外来の点数算定」・「レセプト(診療報酬明細書)の作成」

・「入院の点数算定」・「老人保健」・「公費負担医療」・「医事コンピュータ」他になります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を修了すればソラストの就業サポートを受けられます。

外来の点数算定・入院の点数算定・公費負担医療・老人保健・レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などの知識とノウハウは病院や診療所で役立ちます。





医療事務の資格取得のメリット

医療事務の資格取得のメリットは全国に18万弱もある病院・診療所・歯科診療所で医療事務スタッフとして活躍できる可能性があることです。

日本の総人口の減少から1億総活躍社会が期待されています。

1億総活躍社会とは、年金生活の高齢者や扶養家族の女性も社会参加して報酬を得る社会ということです。

日本人の長寿命化で高齢者が急激に増加しています。

高齢者の増加は健康保険を利用した診療が増えることに繋がります。

病院・診療所・歯科診療所を利用する人が増えれば保険診療が増加します。

保険診療の増加は医療事務スタッフの活躍の機会が高まることに繋がります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で学びませんか。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

優れた通信教育システムなので、医療事務の学習が初めての人でもレセプト(診療報酬明細書)作成・点検などがスムーズに理解できます。

高齢者の長寿命化で医療事務の仕事は増えることが予測されています。

家事・育児の合間に学べる通信教育の医療事務講座は女性におススメします。

次に、医療事務の資格取得のメリットを紹介します。

1)病院・診療所の医療事務スタッフ

医療事務の資格取得のメリットは病院・診療所・歯科診療所で医療事務スタッフとして活躍できることです。

高齢者の長寿命化による診療費の増加が予測されています。

全国の病院・診療所・歯科診療所で医療事務スタッフとして働きませんか。

病院・診療所・歯科診療所は全国に18万弱あります。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座で医療事務の資格を取得すれば、近所の病院・診療所への就職が有利になります。

病院や診療所などの医療機関はコンビニエンスストアの3倍以上あります。

コンビニエンスストアのバイトよりも病院や診療所のバイトが時給は高いのではないでしょうか。

2)レセプト(診療報酬明細書)作成・点検

医療事務の資格取得のメリットは、近所の病院・診療所・歯科診療所でパート・アルバイト・正社員の医療事務スタッフとして働けることです。

病院や診療所での医療事務スタッフの仕事には、診療受付・患者接遇・電話対応・カルテ整理・保険診療会計・レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などがあります。

医療事務スタッフに必要な知識とノウハウがあれば、レセプト(診療報酬明細書)作成・点検や診療会計に役立ちます。

3)ソラストの就業サポート

「がくぶん」の通信教育を利用した医療事務の資格取得のメリットは就業サポートがあることです。

全国には18万弱の病院・診療所・歯科診療所がありますが、就業サポートを受けられれば有利な条件で簡単に就職先を見つけられます。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座はソラスト(旧 日本医療事務センター)と提携しています。

医療事務講座の修了者はソラスト(旧 日本医療事務センター)の就業サポートを受けられます。

ソラストは医療機関への就職サポートでは実績のある会社です。

「がくぶん」の通信教育講座を修了してソラストの就業サポートを受けませんか。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を修了すれば、レセプト(診療報酬明細書)作成・点検など医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを習得した証明になります。

「がくぶん」の通信教育講座修了者はソラストの就業サポートを受けられます。

近所の病院・診療所への就職が有利になります。





医療事務の資格概要

医療事務の資格概要は、日本医療事務協会の医療事務講座のサイトや「がくぶん」の医療事務講座サイトで確認できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で学んで、病院や診療所でレセプト(診療報酬明細書)を作成する知識とノウハウを学びませんか。

通信教育講座のメリットは自宅でマイペース学習できることです。

家事や育児や会社勤務で忙しくて通学制の講座に通えない女性におススメします。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて、病院や診療所の事務仕事やレセプト(診療報酬明細書)作成の知識とノウハウを学べます。

通勤時間の利用や家事や育児のスキマ時間の利用は通信教育講座の学習でできます。

最近は政府も1億総活躍を求めています。

医療事務の資格は、近所の病院や診療所の事務スタッフに必要な知識とノウハウを習得している証明になります。

自宅でのマイペース学習で医療事務の資格を取得しませんか。

次に、医療事務の資格概要を紹介します。

1)医療事務の資格

医療事務の資格概要を紹介します。

医療事務の資格は看護師や介護士や栄養士のような国家資格や公的資格ではありません。

医療事務の資格は民間団体が認定します。

そのため医療事務の資格は民間団体の数だけあります。

民間資格ですが、病院や診療所での事務スタッフとしての知識やノウハウを証明します。

診療受付・保険診療会計・患者接遇・レセプト(診療報酬明細書)作成の知識とノウハウは病院や診療所で役立ちます。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を受講しませんか。

「がくぶん」の医療事務講座は、「(社)日本通信教育振興協会」認定の生涯学習奨励講座や「(社)全国産業人能力開発団体連合会」認定の優良講座になっています。

2)医療事務講座の内容

「がくぶん」の医療事務の資格概要を紹介します。

「がくぶん」の医療事務講座の内容を紹介します。

通信教育講座で学ぶのは、「病院の概要/医療保障制度のしくみ」・「請求事務の基本/レセプトの基礎知識」・「外来の点数算定とレセプトの作成」・「入院の点数算定とレセプトの作成」・「老人保健」・「公費負担医療」・「医事コンピュータ」などです。

「がくぶん」の医療事務講座の標準受講期間は6ヶ月です。

6ヶ月の自宅でのマイペース学習で病院や診療所の事務スタッフとして必要な知識とノウハウを学びます。

3)「がくぶん」の通信教育講座のポイント

「がくぶん」の医療事務の資格概要のポイントを紹介します。

人材不足が予測されていることから医療事務の知識とノウハウは将来性・安定性ともに期待されます。

急速な高齢化社会に進んでいることからも、病院や診療所の事務スタッフとして活躍できます。

医療や介護関係の仕事は将来性が期待されます。

医療事務の資格があれば、就職や転職やパートに断然有利なると考えられます。

結婚・出産・育児・家事など転機が多い女性には最適の資格だと考えられます。

「がくぶん」の医療事務講座の修了者は就業のバックアップを受けられます。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座はソラスト(旧 日本医療事務センター)と提携しています。

通信教育講座修了後は、スタッフ登録や就業マニュアルの提供(医科コースのみ)などでサポートを受けられます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講して病院や診療所の事務スタッフとして活躍しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座は学習システムが整っているので分かりやすいと人気です。





医療事務の志望動機

医療事務の志望動機は、転居・妊娠・出産・育児などがあっても安定した収入を得たいというのが大きいようです。

医療事務スタッフは全国の病院・診療所・歯科診療所・保険薬局で働いています。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関は全国に18万程度あります。

医療事務の知識とノウハウがあれば、コンビニエンスストア―の3倍以上の数の医療機関で働く機会があります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

医療事務の資格は民間資格です。

医師や看護師や介護士のような国家資格や公的資格ではありません。

医療事務関係の資格は認定する民間団体の数だけあります。

多くの医療事務関係の民間資格から選ぶポイントは病院・診療所・歯科診療所などの医療機関に認知されている資格を選ぶことです。

医療事務関係の資格の内容や検定試験や講座修了で得られる知識やノウハウに同じような内容です。

「がくぶん」の医療事務講座では、「病院の概要」・「医療保障制度のしくみ」・「請求事務の基本」・「セプトの基礎知識」・「外来の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」・「入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」・「老人保健」・「公費負担医療」・「医事コンピュータ」などです。

「がくぶん」の医療事務講座を受講しませんか。


次に、医療事務の志望動機について紹介します。

1)世帯収入の安定

医療事務の志望動機には世帯収入の安定があります。

実力主義・成果主義の就労システムが普及して、昔のような終身雇用システムは崩れています。

最近の就労者の4割は正社員ではないそうです。

以前のサラリーマン家庭の世帯収入は男性が得ていました。

しかし、昔のような男性が会社で報酬を得て女性は家事・育児に専念するシステムは変わってきています。

会社のリストラで男性の雇用も安定しなくなっています。

雇用が安定しない時代では世帯収入を安定させることがベストです。

男性と女性で協力して報酬を得れば世帯収入を安定させられます。

世帯収入の安定で計画的な子育てや資産構築ができるようになります。

世帯収入の安定に医療事務の知識とノウハウが役立ちます。

「がくぶん」の医療事務講座で学びませんか。

2)女性の仕事

女性が多く活躍している医療事務スタッフの仕事は人気があります。

医療事務の志望動機の多くは、妊娠・出産・育児などで職場を離れた場合に備えてというのが多いようです。

女性の場合は結婚・妊娠・出産・育児などで継続した会社勤務がむつかしい場合が多くあります。

専門の資格やスキルがない女性の場合、育児が終わって就労復帰するのは難しいのが現実です。

「がくぶん」の医療事務講座で学んで保険診療会計やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検の知識とノウハウを習得すれば、病院・診療所などへの就職が有利になります。

3)ライフスタイルに合わせて働く

医療事務の志望動機には、近所の病院・診療所でライフスタイルに合わせて働きたいからという理由があります。

医療事務スタッフの仕事は、病院・診療所での診療受付・電話応対・患者接遇・カルテ整理・診療費会計・レセプト(診療報酬明細書)作成・点検などです。

保険診療をしている病院や診療所ではレセプト(診療報酬明細書)作成・点検の仕事が発生します。

知識とノウハウがあれば近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働けます。

家事や育児などのライフスタイルに影響を与えないで働きませんか。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で、保険診療点数やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検を学びませんか。

知識とノウハウがあれば近所の病院・診療所でライフスタイルに合わせて働けます。

世帯収入の安定のためには女性に適している専門性のある仕事を選ぶことです。





医療事務に求められる能力

医療事務に求められる能力は、医療保険制度・レセプト(診療報酬明細書)作成と点検・外来と入院の点数算定などの知識とノウハウです。

医療事務スタッフとして病院・診療所・歯科診療所に勤務する場合は、診療受付・電話対応・患者接遇・カルテ管理などの能力も必要になります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では、

・「病院の概要」・「医療保障制度のしくみ」
・「請求事務の基本」・「レセプトの基礎知識」

・「外来の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」
・「入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」

・「老人保健」・「公費負担医療」・「医事コンピュータ」などを学びます。

「がくぶん」の通信教育は伝統と実績があります。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて学べるので講座を続けられます。

家事・育児・会社勤務に忙しい女性は通信教育講座を利用して資格取得しませんか。

出産前の妊娠期間中に「がくぶん」の通信教育講座を利用して学ぶ女性も多いようです。

資格は時給アップや仕事スタイルを選ぶのに有利になります。

世帯収入の安定を考えている女性には「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

次に、医療事務に求められる能力について紹介します。

1)レセプト作成と点検

医療事務に求められる能力にはレセプト(診療報酬明細書)の作成・点検があります。

レセプト(診療報酬明細書)とは、患者が受けた保険診療について、病院・診療所や保険薬局が市町村や健康保険組合等の保険者に請求する医療費明細書のことです。

レセプト(診療報酬明細書)は、病院や診療所や保険薬局での医療費で患者が負担した医療費の残りを保険者(市町村や健康保険組合等)に請求するときのバックデーターになります。

病院や診療所でおこなう保険診療にはレセプト(診療報酬明細書)は必ず発生します。

「がくぶん」の通信教育で医療事務のことを学べば、病院や診療所への就職時に有利になります。

2)医療業務ソフトの操作スキル

医療事務に求められる能力には医療業務ソフトの操作スキルもあります。

病院や診療所での保険診療の会計やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検には、コンピュータ操作と医療業務ソフト操作が必要です。

外来診療の点数算定や入院の点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検では、最近は医療業務ソフトを使用します。

医療業務ソフトとコンピュータ操作は医療事務スタッフの必須スキルです。

3)コミュニケーション力

医療事務に求められる能力にはコミュニケーション力もあります。

病院や診療所に勤務する場合は、診療受付・電話対応・患者接遇・診療案内・カルテ管理・保険診療会計などがあるケースもあります。

医療スタッフとのコミュニケーションや患者とのコミュニケーションが必要になります。

医療スタッフとのコミュニケーションで医療事務の仕事もスムーズに進みます。

患者とのコミュニケーションが病院や診療所の評価をアップさせます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座でレセプト(診療報酬明細書)や医療保険制度や保険診療の点数算定を学んでください。

医療事務の知識とノウハウがあれば近所の病院や診療所で働けます。







医療事務に向いている人・向いていない人

医療事務に向いている人・向いていない人では、レセプト作成力・パソコン操作力・コミュニケーション力がポイントになると考えられます。

病院・診療所・保険薬局で医療事務スタッフに求めている知識やノウハウは、
レセプト(診療報酬明細書)やレセプト(調剤報酬明細書)の作成・点検や、
診療受付・患者接遇・電話応対・カルテ整理・保険診療費会計などです。


伝統と実績の「がくぶん」の医療事務の通信講座で学ぶのは、

・「病院の概要」・「医療保障制度のしくみ」・「請求事務の基本」

・「レセプトの基礎知識」・「外来の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」

・「入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成」・「老人保健」

・「公費負担医療」・「医事コンピュータ」などです。

病院や診療所の医療事務スタッフで必要な能力には、患者さんや医療スタッフとのコミュニケーションがあります。

コミュニケーション力はレセプト(診療報酬明細書)の作成・点検と同様に医療事務スタッフ必要なノウハウです。

「がくぶん」の通信教育で医療事務スタッフとして必要な知識・ノウハウを学びませんか。

次に、医療事務に向いている人・向いていない人について考えます。

1)点数算定・レセプト

医療事務に向いている人・向いていない人を考えると、保険診療の点数算定やレセプト(診療報酬明細書)の作成・点検が好きな人が向いていると考えます。

レセプト(診療報酬明細書)は、患者が受けた保険診療で病院や診療所や保険薬局に請求する医療報酬の明細書のことです。

医科・歯科の場合には診療報酬明細書(レセプト)と呼ばれます。

薬局における調剤の場合には調剤報酬明細書(レセプト)と呼ばれます。

保険診療と保険点数算定は医療事務スタッフに大切な能力です。

2)医療スタッフと患者さん

医療事務に向いている人・向いていない人を考えると、医療スタッフや患者さんとのコミュニケーション能力が必要になります。

医療スタッフとのコミュニケーション力がなければ、保険診療点数算定やレセプト(診療報酬明細書)の作成ができません。

医療事務スタッフの仕事の患者接遇や診療案内では、患者さんとのコミュニケーションが大切になります。

医療スタッフや患者さんとのコミュニケーションが苦手な人はスキルアップが必要です。

3)医事コンピュータ

医療事務に向いている人・向いていない人を考えると、医事コンピュータの操作があります。

カルテや保険診療会計やレセプト(診療報酬明細書)には医療業務ソフトを使用する医事コンピュータを操作します。

医事コンピュータの操作力がなければ医療事務スタッフの仕事はスムーズに処理できません。

医事コンピュータの操作スキルは大切です。

ユーキャンの医療事務の通信講座を学びませんか。

医療事務スタッフの仕事には、診療受付・電話応対・患者接遇・カルテ整理・保険診療会計・レセプト(診療報酬明細書)の作成・点検があります。